高橋いさを

劇団ショーマ主宰。劇作家・演出家。

1961年、東京生まれ。

1982年、日本大学芸術学部演劇学科在学中に「劇団ショーマ」を結成。以後、同劇団の劇作・演出を中心に活動。

1984年に初演の「ボクサァ」が、池袋シアターグリーン・フェスティバルにおいて特別審査委員賞を受賞。新しい世代の劇作家として注目を集める。

2010年、「父との夏」でサンモールスタジオ最優秀脚本賞を受賞。

2011年、「あなたと見た映画の夜」で神保町演劇フェスティバルで最優秀作品賞、「知らない彼女」で大阪ロクソドンタ・フェスティバルでグランプリを受賞。

著書に「ある日、ぼくらは夢の中で出会う」「バンク・バン・レッスン」「極楽トンボの終わらない明日」「八月のシャハラザード」「真夜中のファイル」「父との夏」「I-note~演技と劇作の実践ノート」「映画が教えてくれた」「ステージ・ストラック~舞台劇の映画館」「オリジナル・パラダイス~原作小説の映画館」(すべて論創社刊)など。

最近は、プロデュース公演や他劇団の演出、劇作も多い。日本大学芸術学部演劇学科やワタナベエンタテイメントカレッジで劇作と演技の講師も勤める。